Sep

2016

23

コードの丸暗記はある程度必要です。でも省略OK!7やら9やらはとりあえず無視!【初心者即興講座!1 – 2】

lesson

コードはやはり覚えないといけません。

しかし、安易に「邦楽 歌詞 コード」みたいに検索して好きな曲を弾いてみようとすると、
「Dadd9、Eaug、C/B、Bm7-5、AM7」などなど、眠気を誘うような英単語の洗礼にあいます。

ここで手元に説明のうまいコードブックや、簡潔な表記のコード一覧のwebサイトに出会っていればいいのですが、現実はなかなかそうもいきません。

なので今回はその辺の話しを。

広告

コードの本か、webサイトのコード一覧は必要です

上級者になればコード一覧はいりませんが、それまでは本なりサイトなりのお世話になった方がいいです。

10年に一度のAdeleのようなミュージシャンを目指すなら、感覚を研ぎ澄ませる鍛錬の日々も必要でしょう。

ですが、この企画の目指すところは「楽しい音楽人生には、ここまで出来ればいいのでは」です。

なので手軽で便利なもののお世話ににはどんどんなりましょう。

個人的には書き込みができて、保管がしやすい本がいいのではと思います。
Amazonで「キーボードコードブック」検索すると中古本とか、今だと24円のとかあります。

普通の定価の物でも1,000円ぐらい。
長い音楽人生の最初のバイブルとしたら安い物ではと思います。

最初はC、Cmだけ覚えましょう

上記コード一覧を手に入れた状態での話を進めます。

小文字の「m」だけは省略できません

見るのはCとCmの二つの欄だけでいいです。
小文字の「m」だけは省略できません。
その後ろに付く、7やら6やらaugやらは潔く無視していいです。

例えば、
Dadd9 → D
Eaug → E
C/B → C
Bm7-5 →Bm
AM7 → A
と後ろを切っちゃってください。

全部網羅すると、

C、Cm
C#、C#m
D、Dm
D#、D#m
E、Em
F、Fm
F#、F#m
G、Gm
G#、G#m
A、Am
A#、A#m
B、Bm

の12個 × 2個で24個です。

少し心折れそうになりますが、弾いてみると似たような手の形になることに気がつくはずです。
特にキーボードでは顕著に。

基本的にはドミソのフォーム。C E Gの形

白鍵のみを押さえるパターン

まずは基本の「C」
piano-4

結構よく使われる「F」
piano-5

さらに結構よく使われる「G」
piano-6

全部白い鍵盤を同じ間隔で押さえてます。

真ん中が黒鍵を抑えるパターン

コードの「D」
piano-7

コードの「E」
piano-8

その他「#」が入ると多少ややこしくなりますが、全24個のうちパターン分けされる5、6個で済むのではと思います。

覚えましょう。

これを覚えてしまえば、ほとんどの曲は弾けるんです。
細かいニュアンスは出ませんが、それでも楽しいと思える最初の瞬間ではないかと思います。

案外簡単じゃないか!?

その通り、基本のところは結構シンプルなんです。

ぜひ少し時間を削って頑張ってみてください。

ギターのコードの少しややこしいところ

上記、C、Cmのコードを覚えるのにはキーボードが有利です。
楽器の構造上の仕方のないところです。

ですが、話の内容によってギターが有利な場合もあります。

むしろトータルで考えると、音楽理論的な話はギターの分かりやすいと思います。特に中級あたりから。

逆を言えば最初はとっつきづらいのがギターかもしれません。
試練と思って耐えてください。
そうとしか言えません。

最初は忍耐が必要なギターコード

最初の一歩の「C」

guitar-2

ここでまた試練。

ギターはもう一つの「C」も覚えてください

guitar-4
なぜ二個も?
「一個でいいだろう」「大変なんだよ」

確かに大変です。特に二個目のコードなんて人差し指で3フレット目を一直線に押さなければいけません。

こんなことギターをやらない限り一生出てこない経験です。

さらに「F」

guitar-7
いやー大変です。最初は指がまっすぐになりませんよね。
ツったまま元に戻らなそうですよね。
でも覚えてください。

さらに「G」も

guitar-8

そして「G」のもう一つ、Fに似た感じのほうも

guitar-9

FとGが似てる!?

ここがギターの最初に面白いところかもしれません。
並べてみましょう。

guitar-7
guitar-9
形が同じです。
全体を1フレットから3フレットまで動かしただけ?

そうです。

なのでその直感通りさらに右に2フレット動けば、
guitar-10

そうです。コードの「A」です。

少し話が込み入ってきましたので、クールダウンのためにも次回で整理することにしましょう。

ひとまず冒頭の話しに戻り、ギターもコードブック等で、

C、Cm
C#、C#m
D、Dm
D#、D#m
E、Em
F、Fm
F#、F#m
G、Gm
G#、G#m
A、Am
A#、A#m

B、Bm

覚えましょう。
特にギターは最初の試練と思って踏ん張りましょう。

コードの話、次回に続きます。

広告

最後に

思ったより分量が増えたので、コードの基本の話は分けることにします。
最初の大事なところでもありますので。

でも今回だけの内容でも、弾き語りはできるんじゃないでしょうか。

自分の好きな曲を「曲名 コード」とかで検索すると、歌詞とコードが出てくるんではないかと。

7とか9とか省略して楽しんでみてください。

主にキーボードとギターの
初心者がなるべく簡単に即興(セッション)演奏を目指す講座!

主にキーボードとギターの</span><br>初心者がなるべく簡単に即興(セッション)演奏を目指す講座!

Introduction この企画の概要は、前編のこちらをご参照ください。

Series 1 主にコードを簡単にして覚える内容 - 初級者向き

1 - 1 「C」が持つ3つの意味。「ド」であり「コードのC」であり「スケールのC」でもあり
1 - 2 コードの丸暗記はある程度必要です。でも省略OK!7やら9やらはとりあえず無視!
1 - 3 簡単なコードの曲ならもう弾けるはず!ビートルズのGet Backを弾いてみる
1 - 4 なぜ同じコードにいくつも押さえ方がある?展開系で流れを綺麗に&左手でベース音を
1 - 5 ギターのコードは同じ型で横移動。コード内の相対的な音の関係は一緒です

Series 2 主にスケールとコードを覚えて伴奏に幅をつける内容 - 初〜中級者向き

前編 初心者〜中級者向け「一歩踏み込んだ」コード表記の意味を全解説
2 - 1 コードやスケールは「音が外れて聞こえないように人が決めたルール」
2 - 2 ついに省略していないコードに取り組む!①まずはコードの呼び方から
2 - 3 ついに省略していないコードに取り組む!②くっついている数字の意味
2 - 4 【鍵盤編】ついに省略していないコードに取り組む!③コード表記の意味を全解説
2 - 5 【ギター編①】ついに省略していないコードに取り組む!④コード表記の意味を全解説
2 - 6 【ギター編②】ついに省略していないコードに取り組む!⑤コード表記の意味を全解説

用語集ではないです。
実践と、理論も少し踏まえ、最短で即興やコピー演奏のアレンジできるようになるところを目指します。
「楽しい音楽人生には、ここまで出来ればいいのでは」が目標の初心者講座。