Oct

2016

02

After Effects と Apple Motionの違い。どっちがどこに優れているか?

img

久々にAfter Effectsを仕事でがっちり触る機会があり、ほとんど使ったことがなかったエフェクトを触ったので、最近よく使っているApple Motionとの違いを明確に感じました。
その辺のメモです。

広告

細かな動きはやはりAfter Effectsがやりやすい

ae
キーフレームを打って細かく動かすのは、やはりAfter Effectsのほうがやりやすく感じます。
一番は、「U」キーのショートカットの「キーフレームが使われているプロパティ表示」が便利なのと、キーフレーム間の移動、選択、レイヤーのブロックの移動等、扱いやすいかと。

Apple Motionのキーフレームがやりづらいとは言いませんが、After EffectsのほうがUIがキーフレーム向きに作られている印象です。
操作パネルのそれぞれの距離とか、キーフレーム操作の軽さとか。

Apple Motionは全体的に、大まかなわかりやすい動きをシンプルに操作できるイメージで、細かくやろうと思うと、あっちクリック、こっち閉じてみたいな手数が増えるような印象です。

After Effectsの音合せが劇的に良くなった!けどやはり音合せはApple Motionかな?

motion
After Effects CC2015からなのか、プレビューの仕様が変わって再生もしやすくなり、音も一緒に出るようになってました。

正直、劇的に作業がしやすくなったと思いました。
知らなかった。。。
なにせウチのAdobeは二つ前のCS6(ウチのCS6については後述いたします)だったので。

とはいえ!
やはり音に合わせるのはApple Motionのほうがいいかなと。

Apple Motionは、どんなにプレビューのfpsが落ちても、音は普通に鳴るんです。
たまにずれますが、それはプレイした瞬間にわかるのでリプレイですぐ直ります。

Apple MotionのビヘイベアにあたるものはAEにないみたい

motion

After Effectsのエフェクター群には何でもあるイメージでしたが、Apple Motionのビヘイベアのような動きを操るプロパティパネルみたいものはないようです。

capture-2016-10-02-18-18-48

例えば、Apple Motionだと「引力」「周回」といった感じで、レイヤーにリンクするような数値パネルをくっつけられます。
そうするとその分、設定の項目や値が増えて行く感じです。

After Effectのエフェクトを何個ものっけて見た目をつくる感じと似てますが、それのアニメーション版の感じです。
エクスプレッションで同じようなことができるかもしれませんが、またそれは別物かと。

ちなみに自分、JavascriptやPHPをそれなりに書きますが、エクスプレッションはどうにも使いづらいです。プログラムとはいえコレは別物のイメージです。

Apple Motionのビヘイベアは便利

話を戻してApple Motionのビヘイベアですが、便利です。
After Effectsの有料プラグインの中のパラメーターみたいなものが切り出されている感じかと。

これは、ビヘイベアを極めると他の人にできないモーションが作れるのではという気がしてきました。
というより、他の人が時間がかかるものをサっとできる、のほうかもしれません。

Apple Motionのエフェクト的なもののプレビュー説明はかなりありがたい

After Effectsのエフェクト一覧にすべて、簡単な説明と動画gifの説明がある感じです。
しかもUIも良く軽いので、チョイスがとてもしやすいです。

前述のビヘイベアも当然この中にあるので、どんな動きをさせたいか考えながら選べるのはかなり重宝します。

結論、適宜使うべき

img2-2
煽ったようなタイトルにしてしまいすいません。
結局のところ、アプリごとに使いやすい部分で、それぞれパーツを作って編集ソフトにまとめるのが一番ではと。

以前、アニメーションを作った時にキャラはAfter Effects、シーンの中の背景やキャラを載せてカメラなどはApple Motion。
そしてシーンごとに分けたものをFinal Cut Xでまとめてました。
素材はPhotoshopもあったし、キャラを関節等で分けて描くのはイラレ、それを読み込む連携はAfter Effectsが完璧でした。

という感じでいい部分を組み合わせて作るのが一番かと。

ですが、昨今、OS違いやApple Motionのシェアの少なさ、Final Cut 7とXの隔たりなど、チームでの製作ですと互換性の問題はかなり大きいのではと。

特にFinal Cut 7時代にハードにお金をかけた会社はなかなかまだ動きとれていないところもあるようで難しい問題です。
その上、新しいMac OSのmacOS Sierraが出たことでまたややこしくなりそうです。

この辺上手く対策を立てられるのもクリエイター力なのかもしれません。

広告

最後に

ウチのAdobeはCS6

今、ウチのAdobeはCS6です。

一時期は定額プランにしてたんですが、CS6のマスターコレクション(昔の全部のせコース名)は購入してて、
CS6で事足りるんじゃ?

と思ってCS6で生活したら問題なかったのでそのままCS6です。
多少、最新バージョンが便利なところもあったけど、なきゃないで問題ない機能かなとも。

After Effectsは進化してた

先方の元データがCC2015だったこともあって、体験版で内容確認して、ウチのCS6で作り直せばいいかと思ったら、なんかAfter Effects CC2015動きがいい。
ウインドウの仕様変更等だいぶ使いやすく感じます。

しかも音がすぐ出るじゃないですか!
いつから?

そういえば前にAfter Effectを使った時は、音を扱う動きはAEではやってなかった気が。
ウチのCS6だとやはり音のプレビューは昔の面倒な仕様なので、昔のイメージのままでした。

それで、After Effects単体プラン購入してしまいました。
今後ilyl musicサイトでモーション系はいろいろ扱いたいし、これなら音との親和性がいいので購入してしまいました。
Adobeへの納税生活に戻りました。

masOS SeirraはAdobeはCS6非対応らしい

After Effectsの記事を見てたら見つけてしまいました。
納税額が上がる。。。


follow us in feedly

コメントをどうぞ


ロイヤリティーフリー音楽素材販売中