Jan

2017

12

Windows Updateが「更新プログラムを確認しています…」のまま終わらない!

しばらく起動していなかったWindows 8のwindows Updateが寝てる間にとかやっても全然終わりませんでした。
ずっと「確認してます」のままで、何度やってもダメだったので、対策を探し回った結果。無事update できるようになりました。

そのメモです。

広告

環境・状況説明

・MacOS Sierra 10.12.2のVMware Fusion 8.5.3に、Windows 10とWindows 8をインストール
・Windows 10は問題なくUpdateできる。最終アップデートが一ヶ月ぐらい前。たまに使用
・問題のWindows 8は半年ぐらい前にアップデートしたきりで起動もしてない
・当然ながらWindows二つとも正規品

上手くいった流れ

色々なサイトを見て、辿り着いたのはこちら。

手動でupdateする流れを書いてくれてます。
Windows Updateが終わらない問題 2016年12月版

ですが、ウチは上記だけでは上手くいきませんでした。
上記サイト内に、アップデートが終わらない関連の話題が多かったので、この辺を何度も試しましたがダメでした。

結局、同じサイトのこちら、
更新プログラムの手動インストールも始まらない・終わらない場合の対処方法

で一時ファイル的なものをがっちり消したら手動updateがうまくいった感じです。
その細かい流れを書きます。

いらないデータ、中途半端なデータを消す

まず、再起動。

その後「タイルメニュー?」でしたっけ、
下図のようなメニューから「ディスククリーンアップ」を。

ディスククリーンアップ


たぶん不要な一時ファイル等を消す作業です。


さらにその中の「システム ファイルのクリーンナップ」を実行。


結構時間がかかった気がします。
それでも10分ぐらいだったかと。

この「Windows Updateのクリーンナップ」の消去が一番効いた気もします。
中途半端なUpdateデータが新しいデータを阻害してたと勝手に決めつけてます。

もちろんそのほかの、チェックが入っていた一時ファイルも全て消しました。

Windows Updateの設定


タイルメニューから「Windows Update」を。


左のメニューから「設定の変更」


「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」を選択(あとで戻します。戻し忘れないよう注意

再起動。

Windows Updateプログラムを手動でインストール

参考サイトにあったリンク先で、Microsoftのサイトのようですが、今時、大手のサイトでhttpsでないので最初ちょっと躊躇しました。ほかのページも見てまぁ大丈夫かなと踏んで使いましたが、今後どうなるかはわからないので一応自己責任でお願いします。


Microsoft Update カタログ KB3172614


Microsoft Update カタログ KB3209498

上記、それぞれのページ内の一つでもインストールするとそのページは全部インストールされました。

たぶん時期によって、手動で入れるべきアップデートは変わると思うので、上記ページはあくまで参考リンクとして見てください。
参考にさせていただいたサイトは「Windows Updateが終わらない問題 」として情報をずっと追いかけているみたいなので、その時々で必要なデータはそちらを参考にしてもらえればと。

その後再起動。

普通のWindows updateをかける

タイルメニューから「Windows Update」を。

左のメニューから「設定の変更」。updateの前に、前に変えた設定を戻します。

更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)を選択。

そうすると自動で「更新プログラムを確認」してくれるかと。

自動でならない場合、自分でクリックしましょう。

コレで自分はうまくいきました。

以上となります。

広告

最後に

どうやら1、2ヶ月に一度はWindows Updateをやったほうがいいみたいです。
最近はwin10ばかり使っていたので、win8はほったらかしになってました。

それからWin10最初は、無料だった気がしますが、やっぱり今は普通に値段がついてるんですね。

ちなみにWindows8はWindows7をお使いの方はWindows10をお薦めします。

Windows XPライクな使い勝手のwin10はやはり一番使いやすいと思います。


コメントをどうぞ