Feb

2017

11

After effectsのアニメーションプリセットのPresetsのTextの3D Textの使えそうなやつ

プリセットのテキスト・アニメーション便利そうなんですが、一個ずつ試すのは面倒くさいし、Adobe bridgeでサンプル見ても、小さくてよくわからないのでは。

なので使えそうなものだけ文字に当てはめて映像に書き出して、さらに設定を解読してみました。

広告

映像にまとめたもの

どうやって動いているかざっくり解読

動きに直結していると思われるところを記載していきます。
画像内のRange Selectorと書いてるのは、日本語だと「範囲セレクター」です。

3D 基本 (X 回転カスケード)

範囲セレクター(Range Selector)

オフセット -25% → 100%で値が変化
高度 > シェイプ:上へ斜傾

アニメーター(Animator)の設定

X回転:180°

3D 基本 (Y 回転カスケード)

範囲セレクター(Range Selector)

オフセット -100% → 100%で値が変化
高度 > イーズ(低く):25%

アニメーター(Animator)の設定

位置:200〜300(XとZがこの値から0に変化
不透明度:0:動きの始まりが不透明度0
塗りのカラー:#61E7E9薄いエメラルドグリーンから文字色の黒への変化
ブラー:15, 0, 2.0 XとZにかかったブラーが0に変化

ウィグリーセレクター(Wiggly Selector)

モード > 交差 が動きに関係してます。

3D 基本 (Z 位置カスケード)

範囲セレクター(Range Selector)

オフセット -50% → 100%まで値が変化
高度 > シェイプ:上へ斜傾
高度 > イーズ(高く:96%

アニメーター(Animator)の設定

位置:Y-100、Z-500、から0に変化
不透明度:0 動きの始まりが不透明度0

3D 基本 (Z 位置タイプオン)

範囲セレクター(Range Selector)

開始 0% → 100%まで値が変化
高度 > シェイプ:矩形(「なめらか」も良さそうです)
高度 > なめらかさ100%(上記シェイプが「矩形」だと出る値のようです)

アニメーター(Animator)の設定

位置:Z-500、から0に変化
不透明度:0 動きの始まりが不透明度0

3D フリップイン (X 回転)

範囲セレクター(Range Selector)

オフセット -50% → 100%まで値が変化

少しイージングがかかってます。

終了が50%に固定ですが、たぶんここは欄外にちょうど出る位置の調整だと思います。
高度 > シェイプ :上へ斜傾
高度 > イーズ(低く)50%

アニメーター(Animator)の設定

位置:0, -200, 500
回転:25, -200, 0
不透明:25%
ラインアンカー:0%(通り過ぎて戻って来る感じ)
トラッキングの種類:前と後
トラッキング量:-50(プラスは見た目にあまり出ない?)
ブラー:15, 0 ,2.0

3D フライダウン (カメラの後ろから)

範囲セレクター(Range Selector)

オフセット -33% → 100%まで値が変化

少しイージングがかかってます。
終了が33%固定で、オフセットの最初の値と合わせると綺麗に画面端を走るようです。

高度 > 基準 スペースを除いた文字
高度 > シェイプ :上へ斜傾

アニメーター(Animator)の設定

アンカーポイント:0, -24, 0(ここは欄外の距離と思われます)
位置:0, 0, -1000
スケール:500, 500, 500
不透明度:0
ブラー:5.0, 5.0

3D フリップイン (X 回転)

範囲セレクター(Range Selector)

オフセット -25% → 100%まで値が変化
終了が25%で、数値をいじると雰囲気が変わって手軽でした。

高度 > 基準 スペースを除いた文字
高度 > シェイプ :上へ斜傾

アニメーター(Animator)の設定

アンカーポイント:0, -100, -50(ここの値で出て来る距離感がだいぶ変わります)
回転:180, 0, 0
不透明度:0

3D ランダムなスパイクの回転

範囲セレクター(Range Selector)

オフセット -100% → 100%まで値が変化
高度 > 基準 スペースを除いた文字
高度 > イーズ(低く)100%
高度 > 順序をランダム化 オン

アニメーター(Animator)の設定

スケール:100, 800, 100(Yの800がこの忍者のように登場する文字のミソかと)
回転:1x, 0, 0
不透明度:0
塗りのカラー:#FFD200(色が必要なければこの項目削除でOK)
トラッキングの種類:前と後
トラッキング量:5
ブラー:5, 200 ,0(こちらのY200もスケールと合わせてミソかと)

3D 位置を戻す

地味な動きながら値が色々入ってます。

範囲セレクター(Range Selector)

オフセット -100% → 100%まで値が変化
高度 > 基準 スペースを除いた文字
高度 > イーズ(低く)25%

ウィグリーセレクター(Wiggly Selector)

モード > 交差
ウィグル 0.0
(どちらもいじると変化がでて面白いかと)

アニメーター(Animator)の設定

位置:200, 0, 300(X200は、文字と文字と横軸の差と考えていいかと)
不透明度:0
塗りのカラー:#61E7E9(色が必要なければこの項目削除でOK)
ブラー:15.0, 0 ,2.0

3D 回転 (輪)

パスのオプション

マスク内に入っている、軌道のパスの「パスのオプション」にパラメーターが出現しています。
最初のマージン:282から-814まで移動(この最終値を合わせて文字が正面に来るように調整してます)

また、この値にイージング入ってます。

範囲セレクター(Range Selector)

高度 > シェイプ 矩形(「なめらか」も良さそうです)
高度 > なめらかさ100%(上記シェイプが「矩形」だと出る値のようです)

アニメーター(Animator)の設定

回転:90, 0, 0

マスク

回転の軌道のパス

3D 回転イン (文字ごと)

範囲セレクター(Range Selector)

オフセット -25% → 100%まで値が変化
終了 25%
高度 > シェイプ :上へ斜傾

アニメーター(Animator)の設定

位置:0, 0, 400(Zは奥から文字が飛んで来る距離だけど、変更してもそんなに見た目は変わらないかも)
スケール:100, 50, 100(Yを変えると案外面白いかも)
回転:0, 180, 0
不透明度:0

3D 後退 (スクランブルとブラー)

動きが派手な分、設定もいっぱいでした。

範囲セレクター1(Range Selector)

オフセット -50% → 100%まで値が変化
終了 50%
高度 > シェイプ 上へ斜傾
高度 > イーズ(低く) 100%

ウィグリーセレクター1(Wiggly Selector)

モード > 交差
最大量 100% → 0%
最少量 -100% → 0%

範囲セレクター1とウィグリーセレクター1のイージング。

アニメーター1(Animator)の設定

位置:0, 250, -500
スケール:1200,0,1200
不透明度:0

範囲セレクター2(Range Selector)

高度 > 基準:スペースを除いた文字
高度 > シェイプ:円形
高度 > イーズ(低く) 100%

ウィグリーセレクター1(Wiggly Selector)

モード > 差
最大量 100% → 0%
最少量 -25% → 0%
基準 スペースを除いた文字
ウィグル/秒 2.0

ウィグリーセレクター2のイージング。

不透明度:0
文字の範囲:文字種別
文字のオフセット:10(文字が変わるのをはずす場合ココです)
ブラー:30, 30, 0

3D 後退 (スケールと歪曲)

範囲セレクター(Range Selector)

オフセット -50% → 100%
高度 > 基準:スペースを除いた文字
高度 > シェイプ:上へ傾斜
高度 > イーズ(低く) 100%

ウィグリーセレクター(Wiggly Selector)

モード > 交差
最大量 100% → 0%
最少量 -100% → 0%
基準:文字
次元を固定:オン

範囲セレクターとウィグリーセレクターのイージング。

アニメーター(Animator)の設定

位置:0, 250, -500
スケール:1200,0,1200
歪曲:25.0(映像ではわかりづらいですが、アニメーション最初の文字の斜めの設定)
歪曲軸:0
不透明度:0
ブラー:136, 136

3D 行 (ズームイン)

アニメーター1(Animator)の設定

ラインスペース:0, 60 → 0, 0(単純に行間です)

範囲セレクター(Range Selector)

終了:33%
オフセット:-25% → 100%
高度 > 基準:行
高度 > モード:加算
高度 > シェイプ:上へ傾斜

アニメーター1と範囲セレクターのイージング。

アニメーター(Animator)の設定

アンカーポイント:-80, 0, 0
位置:0,0,-300
不透明度:0

3D 中央にバウンドイン

詳細オプション

アンカーポイントのグループ化:単語(「文字」いい動きです)
アンカーポイントの配置:200, -50% → 0, -50%

範囲セレクター(Range Selector)

終了:50%
オフセット:-50% → 100%
高度 > シェイプ:上へ傾斜

詳細オプションと範囲セレクターのイージング。

アニメーター(Animator)の設定

回転:1x, 90, 90(Xの回転値が一番変化が出ます)
不透明度: 0

広告

最後に

記事を書くのに非常に疲れましたが、結構、細かい設定がよくわかった気がします。


コメントをどうぞ