May

2017

24

EPSONプロジェクターEH-TW530を使って動画配信を見たい!dTVでの注意点も記載

気がついたら月額固定料金の動画配信サイトが手頃な値段で見れるようになっていて、試したdTVに至ってはつき500円!DVDを借りるのがバカらしいご時世です。。
プロジェクターもかなり明るく鮮明に写るものが手に入りやすくなったので、大画面で映画を流しっぱなしにする楽しみ方が比較的手軽にできました。

広告

アジェンダ

・プロジェクターの紹介
・PC、iPhoneなどの映像機器との接続に必要なものとdTVでの注意点

プロジェクターの紹介

EPSON dreamio ホームプロジェクター(15000:1 2800lm) EH-TW530

2年ぐらい前に購入してあまり使っていませんでしたが、動画配信サービスの視聴にあたり久々に活用。

明るさ、鮮明度、特徴

白い壁に1mぐらいの距離から投射で画面幅90cmぐらい

15000:1のコントラスト、2800lmの明るさはすごいです。
5月の15時ぐらいの昼間でも全然見れます。
写真右の窓は東向きなので日差しが強く入る時間ではないですが、部屋はまだ電気のいらない明るさです。

さらに2mぐらいの距離から投射で画面幅160cmぐらい

中山の狭い部屋では、プロジェクターを壁から2mぐらい離すと、投射が壁からはみ出てしまいました。

白い壁に2mぐらいの距離から投射で画面幅160cmぐらいの寄り映像

色合いもいいですし、すごく鮮明に読めます。


ウチは狭くて、壁からレンズまで2mぐらいまで離すのが限界なのですが、まだまだ余裕がある感じですので、普通の家でホームプロジェクター用途なら満足いく明るさ・鮮明度ではと思います。

左右からの投影

右斜めから投射

プロジェクターと正面に置けないことも、ままあるかと思いますが、ほとんど問題にはならないです。


左右の歪みは手動調整ですが、本体のレバーで簡単に調整できます。

投射の歪み直し映像

 


上下の台形は自動である程度補正がかかりますし、さらに数値で細かく調整できます。
壁に、うっすらと本来の枠が出てはいるんですが、うっすら程度でそんなに気にならないかと。

PC、iPhoneなどの映像機器との接続に必要なものとdTVでの注意点

「HDMI」端子

「HDMI」現在の主流だけあって当然ながら何ら問題はないです。
音もプロジェクターから出る音で普通に映画を見れます、見てました。音声出力でいい音響へつなげば迫力満点の視聴空間になるかと。

だいたいのPCやDVDプレイヤーからだと、端子の先がオス&オスになるかと思うのでこの辺のHDMIコードかと思います。ウチはAmazon純正の上記を買いました。

「コンピューター」端子

「コンピューター」と書かれている別名「D-sub15ピン VGA端子」は、ちょっとクセものです。
普通のDVDプレイヤーで映画を見るなら問題ないのかと思いますが、少し前にdTVをiPhoneからVGA端子で接続して見ていたのですが、ある日のアップデートで「著作権保護〜」とか表示が出るようになって見れなくなりました。

その時使っていたのはこちらです。

仕方ないので、こちらを買い直しています。

Appleのケーブルは高くて、しかも「著作権保護〜」との表示じゃHDMIもダメなんじゃ?とも不安でしたが選択肢がないので購入。
結果は、2017年4月ぐらいのdTVの状況ですが、ストリーミングのコンテンツは無事観れるようになりました。
しかしダウンロードしたコンテンツはやはり「著作権保護〜」が出て見れません。
回線が安定している場所でダウンロードして後で見る手は、プロジェクターでは出来ませんでした。

「USB」端子

PCでUSB-Bのほうも試しましたが、画面はカクカク、音も来ませんでした。
PCの画面とプロジェクターの比較映像

カクカク度合いはこんな感じです。会議とかで資料を写すだけなら問題ないかと思います。


うちのMacbookProでは、USBを刺した時にインストールを促されたドライバーの環境設定に、音声のチェックボックスはあるけどうまく出力はされませんでした。

ファンの音

上記の寄りと同じ映像です

iPhone録りなので、実際の聞こえ方と違うでしょうから参考としてください。
個人的には、静かとは言えませんが、うるさくとまでは言えないあたりかと。
扇風機よりはうるさいんじゃないかと。

広告


コメントをどうぞ