Jun

2016

14

なぜこんなに写る?隠れた名玉 Smena-8M用レンズ Triplet-43 (T-43)  LOMO 40mm F4.0 Leica L

DSC02880_160411_Smena8_T43

レンズとメーカー紹介

Smena-8Mという安価なカメラにセットで付いているレンズで見るからにチープです。
値段も状態が良さそうなものを選んでも、本体のみだと約2,000円です。
これまたチープな赤のおまけキャップがまた笑えます。

Smena-8M Triplet-43 (T-43) LOMO 40mm/F4.0 Leica L
DSC03076

ところがなんとこのレンズ、とてもよく写るんです!!

本日の格致日新

・初のLOMOレンズ。ネットで面白いと評判で手頃なので試してみることに。
・とても面白い感じなので何日も持ち歩いてしまいました。その記録

線の太さ、シャープ

DSC03196_160415_Smena8_T43
おー結構シャープ!、乾いた質感の線、そして光が強いとかぶる赤。
面白い!

DSC02874_160411_Smena8_T43
暗いところで解放だと、乾いた感じ全開です。

DSC02921_160411_Smena8_T43
さらに周辺光量落ちをプラスで廃れた感じに。
いい感じにレトロ調に見えます。

DSC02937_160412_Smena8_T43
かなり絞ったためベタッとしていますが、強い日差しでもなんとか2,000円レンズ頑張ってくれます。

DSC03199_160415_Smena8_T43
この無機質な絵作り。最高ではないですか。

当然ながらどれもほぼ撮って出しです。
これにフィルターをかければもっと楽しめるかも。

ボケ味

F4.0なのですが最短撮影距離が30cmと短いので寄ればそれなりにボケます。

DSC03000_160412_Smena8_T43
周辺光量落ちと色かぶりが混ざるとフィルターをかけたようにも見え、絵の表情を変えてくれます。

DSC02948_160412_Smena8_T43
扱いづらいと考えることもできますが。。

DSC03179_160415_Smena8_T43
そして、ここまで寄れば豪快にぐるぐるボケもでて遊べます。それも結構豪快。
普通には写らないとも考えられますが。。

DSC03012_160412_Smena8_T43
とはいえ、条件によってはこんな感じに普遍的な絵も。

色味、フレア、ゴースト

DSC02950_160412_Smena8_T43
ゴーストもしっかりがっちりで、ロシアンレンズっぽい飽和した白味が素敵です。

DSC03131_160415_Smena8_T43
フレアの白味も、周辺光量落ちや色かぶりと相まるとLOMOっぽい味が付いてきます。

DSC02900_160411_Smena8_T43
かといって無理にLOMOっぽさすぎない感じもいいのでは。

購入経路、リペアや汎用性、購入時の参考

製造年月日は定かではありませんが、70~94年ぐらいに販売された製品のようで、今でもSmena-8Mのカメラとセットで新古品としても2〜3,000円でeBay市場に出回っています。

Smena-8M Triplet-43 (T-43) USSR-LOMO 40mm/F4.0 30cm Leica Lマウント
DSC03076

自分が買ったのはレンズのみのもので、
eBayで grandseller という 100% Positive feedbackの業者から送料込みで約3,500円で購入。

商品の仕様説明は大量にありましたが、状態については、
Everything works properly.
Glass on lenses is clean and clear.
Comes with Cap
とだけ。

なんとなく、シンプルなものは壊れにくいような印象がして、まぁ大丈夫だろうと購入。

そしたら全然ダメでした、レンズ汚いし、ヘリコイドも重い。

IMG_0276

そしてついにリペアの道へ足を踏み入れました。

IMG_0262

絞りが特に大変で、図工が普通だった人間にはかなり根気のいるハードな作業です。

IMG_0266

おかげでレンズの基本の仕組みを覚えられて、今後のレンズ清掃に生かせましたが、このT-43の作業に丸3日ぐらい取られた気がします。

上手く撮れたと思う写真の振り返り、分析

やはりこちらでしょう。

DSC02880_160411_Smena8_T43
シンプルな構図ながら、ぐるぐるの味と全体の色あせ具合、とてもSmenaっぽいのではと。

少し足りない写真の反省、分析

褒めっぱなしのSmena-8 T-43ですが、こういうシャドーをいかした非凡な絵は全く面白くないかと。

DSC02883_160411_Smena8_T43
色かぶりも起こらないですし、細部まで写るほどシャープではないですので、破綻する感じを生かせない絵は一気に面白くないものになるかと思います。

向いている撮影の方向性、ポートレートレンズとして

DSC03211_160415_Smena8_T43
所謂TOYカメラの味が程よくて、それがこのレンズの味なのかと。

DSC02996_160412_Smena8_T43
解放では明暗差がやけにくっきり出てしまっているのを逆手に撮るのも面白いです。

DSC03094_160415_Smena8_T43
空の色かぶりと被写体の色あせ具合とかも。

ただ、ポートレートを撮る時に、このレンズを持っていく勇気はありません笑

面白い絵が撮れそうな気はするんですが、女の子撮って破綻した色味は喜ばれないかなと。
その時間あるならいいレンズいい絵をいっぱい撮ったほうがいいかなと。

DSC02904_160411_Smena8_T43
また、絞り調整部分がレンズ正面にあり、確認に手間がかかるので、気に入った絞りのまま撮りっぱなしぐらいがいいと思います。

歩いた辺り

DSC02922_160411_Smena8_T43
代々木公園から渋谷駅に抜けるあたりで、4月半ばと少し前の撮影です。書こう書こうと思いつつ今になってしまいました。

撮影情報

BL6A1471
カメラはSONY α7Ⅱ、画質はraw非圧縮、現像ソフトはPhotoshopCS6で写真によっては多少「露光量」「白レベル」を調整してますが、そのままの撮って出しも多いです。

絞りは開放F4.0〜F8ぐらいまで、シャッター速度は1/100を軸に、ISOは絞りのニュアンスを優先にして調節用に使っています。

ホワイトバランスは今回はオートです。

マウント

ライカLマウント → NEX(SONY Eマウント)で

マウントはこちらで、特に問題が起こったことはないです。
いままでα7でうまく使えなかったのでEXA(エグザクタ)マウントの一種類のみぐらいだったかと。


コメントをどうぞ