Jan

2017

15

Jupiter-9の人物描写力 扱いやすいボケと自然なハレーションが作るフィルム感

85mmとポートレートに適した画角な上、F2.0から使える明るさとボケ、撮影最短距離は115mと少し長いですが、青白っぽく起こるハレーションとボケと相まって独特のオールド感が、人物との距離感を引き立たせる素晴らしいレンズです。

レンズとメーカー紹介

Jupiter-9 85mm/F2.0 M42 1975年
DSC03084

Carl Zeiss のSonnarがもとになっているというJupiter-9。
ポートレートに超オススメです!
今回はそのポートレートを軸に掲載します。

Jupiter-9の機能面的な考察記事はこちら

本日の格致日新

・だいぶ慣れて来たオールドレンズでポートレートを前提として書いてみる。
・Jupiter9の得意なところや味を人肌の描写にどれだけ活かせるか試す。

ボケ味を軸に

Jupiter-9の柔らかいボケと、細めの線は、ソフトなポートレートに最適かと。

ボケは柔らかいだけではなく、溶けきらないと言うか、風合いは残るというか。
少しフィルムのような質感が、今時のレンズと少し違う味わいで楽しさかと思います。

顔を少し切りながらのバストアップぐらいの距離感なら、顔全体にピンが合いながら、体は少しボケがかかるF4〜F5ぐらいが最適ではと。

座った姿勢で、腕が顔に絡むと体は奥になりやすいのでボケた上に、腕のラインと目までのラインや顔の輪郭など線が、フレーム内に行き来してバランスが取りやすい気がします。


こちらは、やはりF4〜F5ぐらいですが、今度は少し距離をとった上、奥行きが長い場所にしています。
逆光をがっちり入る太陽の位置だったので、ほぼ吹き飛んでしまっていますが、体に回り込む光はちょうどいいあたりに持ってこれたのではと。


ちょっとシャドーが強く出てしまいましたが、手をつく壁と左腕、後ろの柵のラインを、斜めになった顔のラインから落ちる髪の強さが好きな感じです。
髪にもっと光が入れば面白かったかもです。

少し絞りを開いて余白を意識した撮り方に変更。

ここでJupiter9らしい面白さが出ました。
日が陰ったので完全に開放絞り、ホワイトバランスを曇りにしたら、ロシアンホワイトの飽和感一気に現れました。

ノーフィルターでこの感じはオールドならではかと。
それもロシア系レンズに見るハレーションのいい味かと思います。個人的にロシアンホワイトと呼んでます。

日が戻ったので、ホワイトバランスを戻し、少し寄ったのも考慮して絞りもF3付近ぐらいにしたかと。

下半身にかけてのボケ具合とてもいい感じです。

ヘアメイクさんのアイディアの結集でいい絵できました。


この一連は髪のあたりをぼかして、顔とドライフラワーが前に出てくるように撮りたかったので、ちょこちょこ絞りをいじっていますが、概ねF5あたりになったかと。

距離感と遠近感と割合がなかなか収まらず、結構枚数を撮ったんですが、思ったよりよく撮れてるものが多かった印象です。

カメラのモニター(今回は5DmarkⅢ)は、参考程度に考えないといけないとつくづく思うショットでした。

線の描写、色味


顔と身体の距離感がこのぐらいまで近づいたら、もっと絞ってもいいのかもです。
F8ぐらいでもよさそうです。


線が細めなのでJupiter-9ですが、多少絞ってもぜんぜん柔らかいイメージですので、パキっとはしない気がします。
いい意味でです。

コントラストは5DのCanon色なイメージです。
α7Rawだともう少し浅く出る気がします。

また、この辺は窓際で自然光で撮ったせいもあり、全体的に柔らかいでしょうか。


このぐらいが一番いいフレームかと。
左からの光で顔に出てる光の筋が、絞り具合とちょうどいいバランスになった上に、腕のハイライトと顔の影の部分が絶妙にうまくいった気がします。

色味、フレア、ゴースト

白の具合、肌の表現、日差しの兼ね合い


ボケ味のところにも書いたこの辺のショットのハレ具合は、ほんとロシアンレンズっぽいです。
Helios-44 58mmMir-1 37mm に見られる感じと似ています。

開放に近くなると一気にレンズの中に光が回るんでしょうか。
ちょっと絞った時と明らかに変わります。

とはいえ、それだけでなく、繊細な線ながらもきちんと描写が残るので、光の影響で多少カラーバランスが崩れたとしてもきっちり写る、優れものかと。

少し足りない写真の反省、分析

準広角で寄ったものも試して見たかったので、グッとZeiss の銘玉 Flektogon 35mmで寄りも試しました。

広角で寄った時に気になる、顔の歪みはうまく外せたかと思いますが、ちょっとぼかし過ぎでうるさく感じます。

ぼかしを入れたい撮り方をしたかったのですが、終わって見ると案外絞ったほうが良かったのかなと反省です。


これぐらいに背景が少しボケるぐらいがちょうどいいのかもと。
ほぼ試し撮りのショットでしたが、この感じもう少しやってみたかったかもです。

購入経路、リペアや汎用性、購入時の参考

購入時の話については以前のJupiter-9の記事に結構書いてあるので、こちらを参照ください。
ざっくりいうと、グリスの染み出しには気をつけましょう。

それにしても、いいレンズだと思うのにもうひとつ人気がない感じです。少なくともこのブログのアクセス数では、10位にも上がってきません。
同じロシアンレンズのHelios44はダントツなんですが。。。

eBayで1〜2万円くらい、ヤフオクでもう五千円ぐらい高い幅がある感じでしょうか。
確かにHeliosよりは少し高いと思いますが、すごくいいレンズだと思うんですが。
なぜに人気がないのでしょう。

撮影情報

カメラはCanon 5DmarkⅢで、画質はraw非圧縮。

BL6A1471

現像ソフトはPhotoshopCC2017 rawで、全体的「露光量」を調整して、ドライフラワーを使ったものは結構ホワイトバランスを整えています。

絞りは開放F2.0〜F8ぐらいまで、シャッター速度は1/100でほぼ固定だったかと。
ISOは絞りのニュアンスを優先で最後に調節用に使ってます。

ホワイトバランスは、今回のレンズはゴーストの影響もあり日陰で撮るようにしたものも多かったので、プリセットの日陰で撮ったものが多いです。

最後に

このブログで、人物ポートレートも書いてみることにしました。

光の位置が、写りに質感にかなり影響されるオールドレンズですが、そのクセこそが味として写真に加味できるのがオールドの楽しみ方ではと。

その方向で書いていこうと思います。


 

コメントをどうぞ