Jun

2016

28

分厚い色味と優しい線の絵画的表現力 Schneider Xenon 50mm F1.9 M42 1966年製

160617_DSC07828__xenon50mm

レンズとメーカー紹介

老舗レンズメーカーSchneider Kreuznach。
1930年代にはLeicaに供給されていた時代もある今回のレンズXenon。
定評のあるレンズだけにとても良く写ります。

Schneider Kreuznach Xenon 50mm/F1.9 M42 1966年製
DSC03054

ところがこのレンズ、もうひとつ情報が少ない気がします。
というよりScheneiderのレンズはどれも情報が少ない気も。
今の所どのレンズも好きなんですが。。。

本日の格致日新

・いいレンズと分かっていながら、きちんと撮ったことがなかったXenonを街撮りでがっちり使ってみる。
・神楽坂に行ってみたかったので周辺をフラフラと。

線の描写、色味

160617_DSC07702__xenon50mm
来ました、この濃いい描写。
久々の感じです。

160617_DSC07710__xenon50mm
参考までにこの記事内全てrawで撮影の撮って出しです。明るさ調整もしていません。なのにこの濃度。
強い濃度の描写ながらもどこか優しい線。Curtagonにも感じるシュナイダー的描写かと。

160617_DSC07769__xenon50mm
梅雨時なのにかなりの天気の良さと気温でほぼ夏日和。空気の透明度がいい感じで空の青と雲の輪郭を撮りたくなる日でした。

160617_DSC07799__xenon50mm
距離のあるものは大体F5.6〜F8付近で撮ったものが多いです。
F8を超えるともう一つこのXenonの良さが見えなくなる感じがしてそのへんで止めていた感じです。

160617_DSC07795__xenon50mm
また、一見色味を強く感じますが、中間部からシャドウへの締まりが強く、その影響でコントラストが強く感じるのかと。

160617_DSC07811__xenon50mm
暗部の締まりがいいまま、色味は発色がよく穏やかところが線の優しさを感じるところでしょうか。

160617_DSC07831__xenon50mm
この花の写真に一番特徴が出ているのではと思います。

160617_DSC07839__xenon50mm
最近使ってなかった「絵画調の線が出るレンズ」の名刺が合う、標準画角のよく撮れるレンズかと思います。

ボケ味

出掛けに試し撮りで撮ったこちら。こんなによく撮れているとは思いませんでした。素晴らしい。
160616_DSC07613__xenon50mm
解放でのピント面のハイライトの飽和具合。奥のアコーディオンカーテンのなだらかな段階的なボケ。大好きな感じです。

160617_DSC07741__xenon50mm
最近凝っているソールライター的な雰囲気を撮る絵作り。暗部の影の出方が怖いくらいで楽しいです。

160617_DSC07820__xenon50mm
灰皿スタンドを、解放での前ボケで狙いましたが、思ったよりボケなかったです。
左の壁が灰皿より手前から始まっていたために綺麗にボケて結果的にまとまったような気がします。

160617_DSC07837__xenon50mm
色味のある花はもうどう撮ってもよく撮れるレンズ、よく撮れる天気だったかと。

目に付いた花はほとんど撮っていた日でした。

160617_DSC07841__xenon50mm

強い存在感のあるボケながら優しい感じで、ピント面を引き立てるのに素晴らしくバランスのとれた存在感では。

160617_DSC07859__xenon50mm

160617_DSC07861__xenon50mm
この、柵を前ボケにした撮り方は綺麗に収まったのではと思います。
発色の良さと暗部の強さは、光が弱い日陰でもラクに撮れるのかと。

さらに本日もマクロヘリコイドをつけて、接写も試してきました。

160617_DSC07874__xenon50mm
言ってしまえばありがちな絵ですが、この辺も容易に撮れます。

160617_DSC07900__xenon50mm
ただ少し二線ボケの傾向はあるのかと、でもそんなに気にならない気もします。

160617_DSC07887__xenon50mm

こちらは別日曇りの日の撮影です。

160616_DSC07652__xenon50mm

160616_DSC07661__xenon50mm
こちら二線ボケがわかりやすいですが、そんなに気にならないのではと。
F4程度だったと覆います。

 

色味、フレア、ゴースト

ゴーストを取り込めるようなフレームを見つけられなかったので、最近多めの飛ばし気味のショットですが、ボケと合わせた描写の雰囲気は感じてもらえるのではと。

160616_DSC07658__xenon50mm

同じような撮り方をロシアンレンズ撮るのとは少し違った締まり具合になるかと。

160616_DSC07672__xenon50mm

コントラストの強い印象派の絵画のようなイメージです。

購入経路、リペアや汎用性、購入時の参考

撮影最短距離は50cm。
M42マウントで、市場には他にエグザクタマウントのものや、Retinaと付いたXenonはC-mountやディッケルマウントなど小さいサイズのものになるようです。

このレンズを設計したAlbrecht-W Tronnierという方は、シュナイダーやフォクトレンダーなどいくつかの組織に所属があったようで、レンズは設計士の思想が色濃く出るようなので、機会があったら他のメーカーでのTronnier氏のレンズも試してみたいです。

Schneider Kreuznach Xenon 50mm/F1.9 M42 1966年製
DSC03054

購入はeBayでberlinerschlossという100% Positive feedbackの業者からで、送料込みで約25,000円。
オールドレンズとしては少し高い気もしますが、現代レンズと比べても十分すぎるくらい値段以上の描写をしてくれるレンズだと思います。

状態は、There are no scratches, dust or fungus at the lens.とめちゃくちゃ簡素な説明でしたが、少しebayに小慣れてきた頃で、行けそうな気がして強気で攻めました。

eBayを見ると、15,000円〜40,000円ぐらいな感じでしょうか。
ミラーレス機で使いやすいM42マウントやEXAマウントはそんなに数が多くなく、価格も結構ばらつきがある感じです。買った時はどういう一覧だったんでしょう。今思うと、よく上記の説明で買ったもんだと思います。

上手く撮れたと思う写真の振り返り、分析

やはりこちらではないかと。

160617_DSC07828__xenon50mm

濃いい感じと、シャープでいながらも優しいピント面、若干のぐるぐるボケもいい要素ではと。
画角周辺につれて少し眠い印象もなくはないですが、暗部の締まりとハイライトの調和とのバランスで一枚の写真としてはいい状態ではないかと思います。

このぐらいの写真がその日の八割がた撮れれば、胸を張って写真家と言えそうです

少し足りない写真の反省、分析

こちら、原宿のホーム向こうの紫陽花を、止まりかけの電車越しに撮ったんですが、
もう一押しな感じです

160617_DSC07682__xenon50mm

フレームは悪くないと思うんですが、正直なんだかわからない。
ピント面がもっと大きな花とか、赤とか目立つものなら成立したかも。

あと歩っている人とか駅名とか入れて、ホームとわかるようにしたかったです。
もう一本待つ気にはならなかったので乗ってしまいましたが、同じような構図いつかリベンジしたいです。

向いている撮影の方向性、ポートレートレンズとして

今時のレンズの溶けすぎるボケとシャープなピント面は、なんとなく時間が止まった感じに撮れてしまって、フィルターをかけてザラつきをつけたくなるなぁ

と思っている方がいらしたらぜひおすすめです。
自分はそう思ってました。

160617_DSC07697__xenon50mm

人物については、このレンズではまだ少ししか撮ってないので、なんとも言い兼ねますが、50mmのレンズの味としてこの表現も知っていると撮影の幅が広がるのは間違いないと思います。

歩いた辺り

案外、用事もなく街撮りだけのために、一人で知らない街へ行くのは初めてだった今回。

160617_DSC07695__xenon50mm
市ヶ谷のホームがいいロケーションだった気がして、ここから降りて神楽坂を目指しました。

160617_DSC07851__xenon50mm
神楽坂の駅前では倉庫を改造したおしゃれな、SHOP&CAFEがありこちらで一休み後、飯田橋まで。

160617_DSC07870__xenon50mm
裏通りの静かなところは写真を撮りやすかったですが、表通りはちょっと写真には賑やかすぎる感じはしたかも。

撮影情報

カメラはSONY α7Ⅱで、画質はraw非圧縮。

BL6A1471

このブログではレンズの特色を前面に出したいので「コントラスト」「明瞭度」「彩度」等、写真内のバランスを変える調整はしていないです。
現像ソフトはPhotoshopCS6 rawで、明るさ等の調整もしたものもなく、全部そのまま撮って出しです。
raw撮影ですのでカメラのピクチャースタイルの影響もありません。

絞りは開放F1.9〜F8ぐらいまで、シャッター速度は天気が良かったのと、バンバンとってブレを気にしたくないので最近1/200が軸です。
ISOは絞りのニュアンスを優先で最後に調節用に使ってます。
ホワイトバランスは、ほとんど「晴天」のプリセットで、別日と書いてある写真は曇りでしたので「曇天」のプリセットです。


コメントをどうぞ


What's

News


ヤフオク!への出品始めました

状態いいJupiter-9 出品しました!