Apr

2018

28

深いコントラストとピント面の飽和感が楽しいTelefogar 90mm / Meyer-Optikの黄金期の中望遠 in 代官山

ポートレートではいい描写を見せてくれているTelegfogar。いつか街撮りをと思いつつ先延ばしになってましたが、ついに持ち出しました。

レンズとメーカー紹介


Meyer-Optik Görlitz/ Telefogar 90mm F3.5
M42マウント、最短撮影距離150cm、およそ1958年製造、絞り羽根12枚

1960年前後のMeyer-optikのレンズはコントラストが強く、キリッとした描写ながらもいい具合の飽和感もあり面白いです。
そのMeyer-optikの黄金期とも思える時期の中望遠レンズTelegfogar 90mm。
ポートレートで何度か撮影していい味を見せてくれていましたので、いつか街撮りをと考えていました。

ボケ、フレーム周辺の描写など


Meyer同時代のPrimagonPrimotarと同じような逆光コントラストの具合を見てみました。
雰囲気はPrimagon、Primotarと似ていますが、ゴーストはかなり出づらい気がします。最短撮影距離150cmだと、撮影位置の移動の難しさもあって逆光の自由度は低いかなと思います。


コントラストが強いと言うより開放絞りで撮ると、周辺光量落ちとの相関でピント面が明るくなって、結果的にピント面以外の露出が落ちてコントラストが上がったように見えるようです。
なので、ピント面が白いと飛びやすいかと。


90mm中望遠ですので、基本はやはり被写体に集中した構図と、遠景ぼかしかと。
全体的に白が多めで暗い部分が少しあるぐらいがこのレンズだとバランスが取りやすい気がします。


状況がわかりづらいですが、花が豪快に咲いてる感じは出せたかと。
気持ちグルグルボケも出ています。ヘリオスほど出しやすくはないですが、このTelefogarは中望遠に珍しくぐるぐるします。


こちらもうひと押しかなと。花をもう少し見せたいです。
奥の階段はボカしたかったので、あまり絞らないようにしながらもピント面は飽和しないあたりを狙ったんですが、もう一段絞るべきだったかと。


後ろのボケが比較的綺麗に出ました。少し絞ったと思います。
ポートレートで前後逆のピントも試してみたいかも。


なんでしょう、何かもうひと押しです。
ピント面の感じも前ボケとかも綺麗と思うんですが。。
コーンとの質感の対比が合ってないのかもしれません。


コントラストの強さが夕暮れの光にいいバランスです。
先にも書きましたが、一点集中の被写体、奥は遠目のボケがやはり中望遠レンズは構図が撮りやすいかと。

ピント面、シャープ等


少し絞るとコントラスト感と相まって、かなり締まる感じです。
もう少し光の存在感を出したかった気もします。


白の飽和感と無限遠のピント感いいですね。
遠くまで抜ける景色は日本の街だと探すのは難しいそうですが、この時代の中望遠オールドレンズとの相性は良さそうです。


ここのところよく行くカフェのオブジェでピント面チェックを。
前回のPancolarでも同じような構図や天気で取りましたので、比較していいシャープ感やコントラストが強いことが伺えます。


もっとピント面がシャープに出ると思ったんですが、白い服の影響を受けてかもうひとつメリハリが欠けるかと。
なかなかTelefogarの街撮り難しいです。


中望遠だと近めの風景的なものは難しい気がしますが、要素が多いと成立しやすい気がします。
こちらもピント面の飽和がいい味付けになっているかと。


地味ですがこの写真結構好きです。
状況はわかりづらいフレームですが、雰囲気はとても感じ取れる気が。


こちらはもっとコントラストが強く出て、コーンの無機質感と花の飽和感が、出るかと思ったんですが、ちょっと残念な感じです。
光の反射が強い色に対する強度の差が、だいぶ出やすいレンズの気がします。


こちらはイメージ通りに飽和しました。
ピント面が飽和しまくって、ピントを合わせが大変でしたが、なんとか影のラインにピントを合わせられたかと。


こちらもピント面の飽和感に合わせたフレームに撮れたかと。
こちらはマクロマウントを使ってます(ページ下部に記載)
このレンズは最短撮影距離150cmですので、流石にバリエーションが付けづらかったので時折マクロで撮りました。


光の差し込みが弱めのところで寄ると、ピント面のキメの細かさがよくわかりました。この時代のMeyerすごいです。
こちらもマクロマウントで寄っています。最短撮影距離150cmだと近いものはほぼ無理ですので、マクロは便利です。

街と雑談

『代官山』街撮りオススメ度★★★★★=5


本日やって来たのはオシャレでこだわりの店の多い、街歩きの代名詞的な代官山。


代官山は、3、4年前、カメラ倶楽部的なものに参加していた時によく歩いたことがあって、歩き尽くした感があり足が向かなかったんですが、よく考えるとオールドレンズにこんなに適した街はないなと思い返しました。


おすすめは渋谷の東南口に近づくあたりで、落ち着いた雰囲気が街歩きにぴったりで、疲れた頃にチョイスできるカフェ等も豊富なエリアです。


ところどころにある坂もいい風情です。
とはいえどの坂も光の入りがあまりなく、いい構図はなかなか難しくもあります。。


複合施設のような作りで何軒もの系列店が並ぶ道ができてました。
落ち着いた雰囲気でココおすすめです。
一部撮影禁止の札が立ってましたが、上記写真は多分大丈夫なところで撮ったハズです。


この代官山エリアは「ハチ公バス」が来ていたので、渋谷からハチ公バスに揺られて来るのも良さそうです。
乗って帰りました。


再びマクロマウントで撮影。
上記に書いたオシャレな複合施設の一番奥です。
テラス席の風が心地良い日でした。

購入参考


美しい青いコーティングがレンズマニアの心をくすぐります。

eBay価格だと送料込みで¥15,000〜¥25,000ぐらいでしょうか。ですがマウントが汎用性の下がるAltixがほとんどなので、レンズをいろいろ変えながら撮影したい人は気にしたほうがいいところかと。
今回撮影に使ったTelefogarはラッキーなことに購入時からM42マウントに改造してありました。とはいえ無限遠はオーバーインフですが。。

撮影カメラ情報


カメラ : SONY α7iii
撮影画質 : raw
絞り : F3.5~F5.4あたり
シャッタースピード : 1/1000を基準に絞った時は1/400ぐらい、ISOはそのフレームに応じて明るさを合わせる感じで使います。
ホワイトバランス : Auto

現像はAdobe BridgeCC2018で、レンズの特性を写真に残したいのでコントラストや彩度等、一切いじらず、ノー調整、ノーフィルターです。
たまに露光量で明るさを揃える程度に留めています。

使用マウントについて

SONY α7ⅲですので、M42 → SONY E(NEX)マウントで、マクロ付きのものを使用しています。

その他のカメラメーカーで使えるマウント一覧や留意点を記事にして解説していますので、マウントで疑問点等ある方いらっしゃいましたらぜひご覧ください。

あとがき

う〜んやはり90mmで寄れないレンズは街歩きにはなかなか難しいかも。。。

ヤフオク!にリペアしたレンズを出品しています

現在14品の出品中です » 出品者のオークション一覧

きちんとリペア・調整したレンズのみ販売しております。購入をお考えの方いらっしゃいましたら、ぜひよろしくお願いいたします。