2018 / 09 / 08

Film Camera

Curtagon 35mmを天気のいい日にもう少し撮りたい!クルタゴンとフィルムカメラ vol2 in 渋谷歩き

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き

前回は天気が今ひとつでCurtagonの味を出し切れなかった気がするので、引き続きCurtahon35mmで街歩きです。さらに新しいカメラも挑戦!


行き先は、だいぶ前に同じCurtagonの28mm版で撮った良い味の自販機を思い出したので渋谷へ。

以前a7とCurtagon 28mmで撮った自販機達
Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
ほぼ変わらず残ってるって凄い!
駅周辺は再開発で街撮りには厳しい状況ですが、少し離れた辺りはまだ以前の渋谷っぽい味が残っているのでありがたい感じです。

本日のアジェンダ

・天気のいい状態でCurtagonの色味やコントラストを追う
・新投入PRAKTICA TLC1000はいかに!
・以前撮った自販機を目指して渋谷へ

渋谷神南近付を街歩き


今回は渋谷の神南地区のNHKから渋谷駅寄りあたりを街歩き。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
そういえば以前Flektogon 20mmでもこの辺を歩いて、やはりこの靴を撮りました。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
久々に壮大な写り込みが。


理由はこの新しいカメラ。
少し前にレンズセットの手頃なフィルムカメラを見つけてので、今回初使用!

今年の夏の象徴のような暑く、日差しの強い日でしたので、シャッター速度上げ目にしたら見事に露光とズレてます。
たぶんシャッター幕に難があるのかと。
まあ撮らないと状態がわからないのでこのまま続行です。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
今度はシャッター幕がズレた上、花の色の反射なんでしょうか、Photoshopのエフェクトのように見えますが撮ったままの本物です。
でもコレはコレでいい味な気もしますが。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
どうやらF4.0ぐらいでシャッター速度1/1000で撮ったものはほぼ全てシャッター幕ズレで、縦に伸びたフレアのようになりました。
フィルムらしい味とも言えなくはないですが、メインカメラとしては完全に無理です。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
いいバランス。
これは結構気に入っています。

おそらくF8.0 シャッター速度1/250でフィルムの基本となる露出ですので、左の若干の縦のフレアはおそらく自然のものかと。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
両側にズレが出るようになりました。
う〜ん、ちょっとこのカメラは厳しいかな。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
いつでもこのぐらいちょうど両端にシャッター幕ズレが来れば、味を持ったカメラと言えなくないかとも。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
こういうのも結構好きですが、もう一息な気が。
ひと要素足りない気もするし、余白を活かすなら何処かバランスが悪い気がします。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
仮にポートレート写真と考えると悪くない距離感と描写感かと。
以前試したFlektogon35mmでのポートレートより素直に撮れそうな気がします。

自身でリペアしたレンズをヤフオク!に出品しています


現在9品の出品中です » 出品者のオークション一覧

リペア・調整したレンズのみ販売しております。購入をお考えの方いらっしゃいましたら、ぜひよろしくお願い致します。


Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
今日も街歩きとセットのランチ。
最近の街歩きのランチは、普段食べない雰囲気に挑戦してみようとも思っているので結構なボリュームのセットでいきました。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
本気のハンバーグの肉厚。
でもこの描写ではよくわからないですね。
少しぼかしをつけてピント面のハンバーガーのボリューム感を出そうとしたら、その分シャッター速度を上げたので、両側にばっちりシャッター幕が出たのかと。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
どうやら今回のカメラTLC1000はシャッター速度1/1000は難ありです。
1/500は見たところ大丈夫そうです。
そういえば最初の頃に使ったPCL5も同じ状態だった気が。
シャッター速度のズレって直せるんでしょうか。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
この辺いいんじゃないでしょうか。
Curtagonのボケの味がフィルムと相まって不思議な感じです。
ボケはPhotoshopの絵画調にするフィルターのようなのに、ピント面は案外スッキリ。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
海外の写真に多い気がする反射描写。
う〜ん何かもうひと策欲しい。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
そしてやってきた目的地。
変わらない、というよりバージョンアップしている感じです。

もはや渋谷再開発でなくなったら寂しい気がします。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
あーこのボケCurtagonっぽい!
中山をレンズ沼に落としたボケと色味。
フィルムの質感とも合う!

この雰囲気をもっと撮りたかったかなと。
もう一回リベンジかな。

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
街撮りっぽい。
いくつかの会社名が面白いバランス

Curtagon 35mmとフィルムカメラ vol2  in 渋谷歩き
建物の中なので暗くて、シャッター速度は落として露出を稼いだはずなので、左端の青白い写り込みはシャッター幕ではないと思います。
描写の雰囲気は悪くないかと。
フィルムは、少し暗い露出を表現する時に良い味が出るように思います。

レンズ情報

Schneider Kreuznach / Curtagon 35mm F2.8 M42 およそ1960年製

最短撮影距離35cm 羽根5枚 レンズ5群6枚 フィルター径49mm 重量約243g

今回思ったこと

結局あまりCurtagonについては深掘れなかった気が。
このカメラTCL1000は夜用にすれば使えるかも。