Aug

2016

16

HELIOS 44-2 58mm 頼もしいロシアンレンズの汎用性とボケ 黒鏡筒

160807_DSC09626_Helios58mm

本日の格致日新

最近Instagramでタグに、#helios#ヘリオス44で繋がりたいなど、ちょこちょこ見かけて盛り上がりが気になっていたヘリオス。

地元の音楽イベントに持って行きながら久々に撮ってみました。

レンズとメーカー紹介

VALDAI HELIOS 44-2 58/F2.0 M42
DSC03057

線の描写、色味

地元にもう40年を超えて続いている音楽団体があり、若い時はそれほど関わってなかったんですが、地元に住まなくなり地元と関わりがほぼなくなった頃から、何故か急に自分も地元に貢献しなければと思い立ち手伝っています。

毎年、地元の祭りに野外音楽エリアを出していてそこで二日間PAをやってます。
30歳を過ぎたあたりから早10年ぐらい。

その合間に、少しHeliosと歩いて町を撮影。
天気の良すぎるくらいの夏日の二日間で、日差しはかなり強かったですが、案外ハレーションやゴーストはでませんでした。

絞りF8ぐらいでシャッター速度上げ目
160807_DSC09641_Helios58mm

もっとボワーっとなってしまうかと思ったら案外きっちり撮れてます。

ただ絞り目でコントラストの強い絵だと、ちょっと細い線がか細い感じは否めないかも。こういう絵はSummiluxXenon、35mmですがFlektogonあたりが良さそうな気がします。

160807_DSC09624_Helios58mm

こちらの廃墟を撮り比べ。

解放F2.0
160807_DSC09638_Helios58mm

解放だと周辺光量落ちのせいで中心部が明るく見えます。ノスタルジー感としていいですが、やはりコントラスの強い絵だともう一つ味にかける感じも。

F8.0
160807_DSC09635_Helios58mm

絞ったほうが全体の締まりはいいですが、もう少し暗部に締まりが欲しいかも。もしくは色味が強く出ればポストがもっと前に出てバランスがよくなるカモです。
Xenonで撮ってみたい絵です。

ボケ味

やはりヘリオスはボケでしょう。

飽和するところは飽和して柔らかくボケつつも、雰囲気はちゃんと残る感じヘリオスの良さでしょうか。

160807_DSC09627_Helios58mm

ちゃんと撮りたかったものを表現しつつ全体の絵が優しくなります。

160807_DSC09606_Helios58mm

去年に引き続きお世話になった宿の部屋から。

160807_DSC09608_Helios58mm

作りが古くなかなか風情があって地元のさらに地元にきた感じがして楽しい宿です。

DSC09611
DSC09616

花を撮り比べ。

解放F2.0 風に揺れてピントが中心部少し斜め右下になってしまいました
160807_DSC09631_Helios58mm

すごいですねこのボケ方。印象派の絵画のようです。
ただ、この距離感だとなかなかピントがシビアです。風にちょっと揺れると簡単にピントがずれちゃいます。

F8.0 こちらも風でメインが隠れてしまいましたが、チラリズム的な良さもあるような。
160807_DSC09633_Helios58mm

絞った絵もまた、それぞれの構成物の存在感がよく出てます。これだけ写れば何の文句もないコスパです。
個人的に電線が構図にリズム感をつけてくれてる感じ好きな写真です。

もう一対、花の撮り比べ。

解放F2.0
160807_DSC09645_Helios58mm

花の色の破綻具合の違いがよく見て取れます。

F8.0ぐらい
160807_DSC09646_Helios58mm

結局メインの主題をぐっとフィーチャーするには絞らないと厳しい感じでしょうか。
ポートレートだとF4〜ぐらいがベター何ではと。

購入経路、リペアや汎用性、購入時の参考

VALDAI HELIOS 44-2 58/F2.0 M42 撮影最短距離50cm 1981年製
DSC03057
述べ記念すべき初のオールドレンズで、まだオールドレンズの右も左もわからない頃、ショップに色々教えてもらい買いました。
懐かしい思い出です。
今はすっかりeBayが基準のレンズ沼住人になってしまいました。

今eBayは安いですが、レンズの状態は当然ながら、他のレンズに比べてヘリコイドの動きと絞り羽の状態は特に気にしたほうがいいです。
ロシアの寒さ対策で大量に塗られたヘリコイド潤滑剤が年月を経て醜いことになって、ヘリコイドや絞りの状態に影響しているものが多いようですので。

いつの間にかAmazonでもいっぱい販売される時代にもなったようで、5,000円〜10,000円ぐらい。
最初のうちはヤフオクかAmazon。
予算に余裕があれば専門店で直接購入が安心度は高いかと思います。

上手く撮れたと思う写真の振り返り、分析

ちょうどいいところにおばちゃんが通ってくれました。

160807_DSC09626_Helios58mm

というよりこういう時は案外何故か一要素が入ってきてくれます。

昔アラーキーの本に「俺は構えてシャッターを切るだけ。被写体は向こうからやってくるんだよ。なぜか」みたいな話が書いてあって、それに近いようなニュアンスな気がしてます。

160807_DSC09625_Helios58mm

向いている撮影の方向性、ポートレートレンズとして

人物に最適だと思います。でもなぜかこのレンズではポートレートをまともに撮ってません。
標準画角50mm付近は、いいレンズが他にもいっぱいあるもんでそちらになりがちです。

あとはもう少し望遠のほうがポートレートは撮りやすのもあったりで。Jupiter-9とか最高です。

撮影情報

今回もマクロ付きのM42アダプタとα7Ⅱでの撮影。
マクロ M42 マウント

マウントはこちらと同じようなやつです。(中山が買ったものは入荷見通しなしのようです)

カメラはSONY α7Ⅱで、画質はraw非圧縮。
BL6A1471
M42ならCanonの5DmarkⅢにもつけられるので、こちらでも試したいんですが、やはり持ち歩きはα7が便利すぎます。

現像ソフトはPhotoshopCS6 rawで、写真によっては多少「露光量」を調整することもありますが、そのまま撮って出しが多いです。
絞りは開放F2.0〜F11ぐらいまで、シャッター速度はブレの軽減のために1/200を軸ですが、この日は相当天気が良かったので1/400ぐらいが基準でした。

ホワイトバランスは、オートです。千切雲とかで繁栄に日が出たり引っ込んだりの時はこまめに変えますが、この天気ならオートか晴天でいいと思います。

補足

Heliosは85mmもあったようで、ポートレート用の中望遠が手薄なのでちょっと気になります。

しかもどうやら現在でもロシアで生産されているモデルもあるようで素直に新しいのでもいいかも。。

eBayでみると新旧混ざって4万〜5万ぐらいあまり変わらないんですよね。
気持ちは60年代のシルバー鏡筒が欲しいですが、思い切って最新も面白いなとも。。。

追記:
Helios44の初期バージョンのシルバー鏡筒も購入しました。
Heliosのアクセスが多いので、eBayでの購入について詳しく書いてます。ご興味ある方はぜひ。
Helios 44安定のヘリオスのトロけるボケと柔らかな描写健在のシルバー鏡胴1950年製

コメントをどうぞ