2019 / 10 / 13

Digital Camera

小さなレンズJupiter-8と海を見に in 鎌倉、江ノ電、FUJI X-A1

若い頃は海が見たい日があるのはドラマの中だけと思ってましたが人生半ばも過ぎると本当にあるんだと理解できるようになりました。


九月の半ばを過ぎの昼、海を見ながらランチの絵が浮かびました。
ランチに間に合うか微妙な時間でしたが取るものも取りあえずといった感じで、カメラとサイフ、iPhoneだけ持って久々に出かけてみました。

と言うわけで久々の投稿は東京ぶら街ではなく神奈川のぶら街です。

本日のアジェンダ

・Jupiter-8 50mmと海へ

Jupiter-8 50mmと海へ


暑すぎてまったく出歩く気にならなかった今年の夏を思い返すと本当久々の遠出です。
そんな訳でまずは鎌倉へ。

江ノ電。

昔、半年ぐらい仕事で鎌倉に通っていた事があるのでこの辺り馴染みがあります。
鎌倉も歩きたいですが、海を見ながらランチに間に合わないので今日のところは直ぐに乗車です。


そしてお気に入りの店がある稲村ヶ崎で下車。


どことなくスタンドバイミー。


駅から数分、角を曲がると海。
素晴らしい。
ここの駅からの道は本当にこの角を曲がるまで海が見えないのがまたいいんです。


地名と青空とパームの木と。
海が写ってなくとも海を感じるフレーム。羨まし過ぎるエリアです。


そして窓際から海が見えるお気に入りの店でランチ。
前は天ぷら定食があった気がするんですが、本日はなかった。
そういえばフード写真忘れました。


九月半ばとは言え夏日で、かなりの日差しの暑い日でしたが、折角だし七里ヶ浜まで歩くことにしました。


勝手に撮ってすいません。
人物が分からない感じならいいかなと思ってます。


海のそばでかなり錆びやすいよう。
とは言えオールドレンズといい相性の味かとも。
特に今回のJupiter-8のキチンと撮れ過ぎない感じはその場の空気感に近い感じがします。


映像のロケーションでよく見かける七里ヶ浜のT字路。
が、もうひとつ上手く撮れませんでした。
広角で少し高い位置から撮ればもっと海が左右に伸び感じに撮れて、この場所のイメージに合うかもです。


Jupiterの系統感が強く出ますね。
ハレーションで少し白んだ感じもロシアレンズらしいかと。


そして鎌倉高校前駅のホームからの海。
もしこの高校に通っていたら海を見たまま学校に行かない日がいっぱいあったと思います。


看板の端の方へ向かうに従って、文字のブレていくのがはっきり見てとれます。
光学性能がまだ低いレンズということでしょうが、オールドレンズ味と言えるかと。


ちなみにホームは海外からの観光客が結構いて観光名所のようでした。
調べてみるとスラムダンクっぽいです。


そして帰路。
江ノ電の終点藤沢です。
きっちり日陰に入ってハレーションを抑えられるとまた違った味わいです。
この辺の変化は古いレンズほどあって面白いかと。


いい感じに傾いてきた夕暮れの光が描写の色付けになったかと。

おまけ


ほんとは扉にしたいぐらい好きな感じですが、この日はこれ一枚しかなく記事がまとめづらくなるのでおまけ扱いになりました。


Jupiter-8はほぼ関係ないですが、撮らずにいられない一枚でした。

レンズの紹介

Jupiter-8 50mm F2.0 L39マウント

最短撮影距離100cmはフードなどの近撮影には向かないですが、いつでも携行して普段撮りにはバッチリの大きさを描写感かと。

レンズ描写についてはこちら。
→ 「Jupiter-8 50mm ソフトな描写と芯のあるピント面 小ぶりな Leica L39マウントのオールドレンズ in 荻窪駅の南側

カメラについて

FUJFILM X-A1(2013年11月23日発売)


リペアでの検証に各メーカーの実機がずっと欲しいなと思っていたのと、カメラによっての違いなどもブログの内容にできるかなと思って2018年末に購入。

中古一万円とは思えない写りです。
近頃のカメラはほんとすごい。

マウントについて

今回のレンズはL39(Leica L)マウントです。

SONY E(NEX)、FUJIFILM FX、Olympus等のM4/3、の順

その他、マウントはカメラによって干渉等でうまく使えないこともありますので、ご自身のカメラでの使用の参考としてください。
また初心者向きの内容で、マウントについての記事を書きました。マウントに疑問点がある方はぜひ。

自身でリペアしたレンズをヤフオク!に出品しています


現在10品の出品中です » 出品者のオークション一覧

リペア・調整したレンズのみ販売しております。購入をお考えの方いらっしゃいましたら、ぜひよろしくお願い致します。