May

2016

11

ロシアンレンズの大御所の素晴らしきホワイト HELIOS 44-2 VALDAI 58/F2.0 M42

Helios_20160116_DSC00077

レンズとメーカー紹介

オールドレンズの代表格とも言えるHelios。
かくいう自分も去年の年末にHeliosを手に入れ一気にオールドレンズに傾倒してきた口で、がっちり一眼レフ・大口径レンズ派だったのが、一気にミラーレス一眼・オールドレンズに変わりました。約3ヶ月で。

今や30本近くあります笑。
大口径レンズを売ってそれでほぼまかなえたので、オールドレンズのコスパはありがたい限りです。

HELIOS 44-2 VALDAI 58/F2.0 M42 1981年
DSC03057

ヘリオスは、ドイツ Zeissの名玉BIOTAR 2/58 が、戦後の賠償問題の関連でソ連からコピー・改良され大量に生産され市場に出回ったレンズで、重めな過去を持っているものの、現在では安価にオールドレンズの味を楽しめるレンズです。
ヘリオスの歴史等については詳しく書いてあるサイトがいっぱいあるので、このページでは軽めで。

本日の格致日新

・年初に撮った写真と、最近(5月)に撮った写真を使いながらHeliosの絵の検証
・マクロマウントをつけて、接写の可能性を試す。

ボケ味

何と言っても絞り開放付近での、グルグルぼけとハイライトの表現が素晴らしい。

DSC05306_160510_Helios_58mm

奥との距離がそんなに遠くなくても、被写体に寄れば、ぐるぐるボケは出ます。

DSC00033

また、丸ボケがあまり出なくても、溶け方が優しい上、F2.0の明るさは非常に使いやすいかと。

DSC05275_160510_Helios_58mm

少し絞っても十分風合いが残ったまま、描写がはっきりきます。

右奥の建物の雰囲気もわかりやすいのではと
Helios_20160101_DSC00004

もろもろ踏まえて、手軽に楽しめるボケという感じでしょう。ヘリオス人気の大きな要因かと思います。

色味、フレア、ゴースト

色が淡く出るのもこのレンズや他のロシアンホワイトレンズ(Jupiter9Industar-50など)の特徴かと。
食べ物などでも落ち着いた色味が面白いです。

Helios_20160120_DSC00005

日陰での発色を保ちながら淡さも感じるのも万能です。

Helios_20160107_DSC00042

少し飛ばした感じでのハイライトの飽和感がまたとってもレトロな感じで、まさしくロシアンホワイト。

Helios_20160114_DSC00031

線の太さ、シャープ

Helios_20160107_DSC00044

ボケの効いていない絵でも、細めの線が絵を優しくする感じで絵が作りやすく思えます。

DSC05300_160510_Helios_58mm

下部へのボケも、少しぐるぐるボケ&柔らかいボケがちょうど良いです。

DSC05333_160510_Helios_58mm
最近、数字入れ込んで一要素にするのを試してます。
看板の折れ具合の表現に細い線がマッチしているのではと。

DSC05308_160510_Helios_58mm

購入経路、リペアや汎用性、購入時の参考

撮影最短距離50cm マウントM42 製造1981年 。

Leicaを除く初のオールドレンズで、Leicaは専門店で良い状態のものを買ったので実質初のオールドレンズがHeliosでした。

そのため、マウントM42?レンズのバージョンのこと?サイズ?スクリューってどこ?
といった感じで全然わからず、直接オールドレンズショップに問い合わせて聞きました。

ソ連製オールドレンズは地域の寒さのせいか、ピントを回す部分に付けるグリスが多いようで、年月がたちそのグリスがいろんなところに染みて大変なことになっているものも多いようです。

DSC03057

今eBayで見るとかなり安く出ていますが、前述のような粗悪な状態のままのものも混じっている可能性が高いです。
eBayに慣れないうちは、Shopやヤフオクできちんとした説明や、評価が良いところにしたほうが良いとは思います。

Amazonでもけっこう売っていて、

5,000円ぐらいの手頃なものもありますが、ヤフオクで売っている業者と変わらないような印象なので、質もやはりピンキリかと思います。

上手く撮れたと思う写真の振り返り、分析

線路を撮ろうと思っていたら通りがかった方ですが、全体のハレ気味のボケ感、奥の玉ボケ、うっすらのぐるぐるボケ、Heliosの総まとめのような一枚ではと。

Helios_20160116_DSC00077

写真としてだけ見せても評判が良くて、ヘリオスから学ぶもものもは多い気がします。

少し足りない写真の反省、分析


こちらのマクロマウントを使って小さな草花を撮ったんですが、こうなるとHeliosでなくともといった感じがします。

DSC05292_160510_Helios_58mm

また、58mmのレンズで、撮影最短距離50cmから小さい花に寄っていくと、かなりブレますので現実的ではないかなとも。

大きな花なら問題ないと思いますが、街撮りでスナップだと、スタンドを持ち歩くのもどうかと思いますので、もっと広角レンズで撮るべきショットかと思いました。

向いている撮影の方向性、ポートレートレンズとして

人物の描写には向いていると思いますが、Heliosと似たロシアンホワイトを持つ中望遠Jupiter-9の85mmがあるので、人を撮る機会はそちらを使いがちで、探してみましたがほとんど人物写真はありませんでした。

Jupiter-9のポートレート記事
Jupiter-9の人物描写力 扱いやすいボケと自然なハレーションが作るフィルム感

なんにせよ、今までオートフォーカスの5万〜ぐらいのレンズに慣れてきた人は、Heliosのコスパに驚くと思います。

当然マニュアルでの使い回しの大変さはあると思いますが、私的には案外すぐ慣れるもんだと思いました。

撮影情報

カメラはSONY α7Ⅱ、画質はraw非圧縮、現像ソフトはPhotoshopCS6で写真によっては多少「露光量」「白レベル」を調整してますが、そのままの撮って出しも多いです。

BL6A1471
絞りは開放から2、3段上のF2.0〜F6、シャッター速度は手ぶれを考慮して1/100を軸に、明るすぎる時は1/400ぐらい、動きの速いものは1/800ぐらいで明るさはISOで補充、ISOは基本50にしておき適宜シャッター速度と絞りで明るさ調整してます。
ホワイトバランスは、今回の記事内の白っぽい写真はオート、黄色っぽいものはプリセットの「曇り」にしてます。たぶん6000Kぐらいではと思います。最近レトロな感じにとってみたいと思うのと、日本人は写真が青いほうに見えるらしいので、撮りながらInstagramにアップしながら反応のみてみたいと思ってます。


 

“ロシアンレンズの大御所の素晴らしきホワイト HELIOS 44-2 VALDAI 58/F2.0 M42” のコメント

  1. レンゲ より:

    はじめまして!
    最近、S2を買ったのでヘリオス欲しい欲高まっています!
    そしてここにたどり着きました!
    やっぱりすてき!
    マウントって何を使っていますか??

コメントをどうぞ